書評・三八堂

のんびり不定期に読んだ本の感想を書いていきます

「短歌ください その二」穂村弘
評価:
穂村 弘
KADOKAWA/メディアファクトリー
コメント:日常を切り取るために

●本日の読書
・「短歌ください その二」穂村弘/メディアファクトリー


 雑誌「ダ・ヴィンチ」誌上で連載されている短歌コーナーのまとめ本第二弾。連載第 31 回から 60 回をまとめて一冊にしたものです。雰囲気としては一冊目とさほど変わりはないのですが、あとがきによれば投稿者の中から歌集を出す人が出たり、全体として投稿者のレベルが上がっているのが感じられます。「この歌いいなあ」と思ったらよく見る投稿者の名前だったりして、前巻から読んでいると誰かしらのファンになったりしていたりする身近感が特徴でしょうか。

 一定レベルを超えて誌上に掲載された短歌が並んでいるので、沢山の短歌を読み比べたい人には向いた本だと思いますが、「短歌を詠んでみたいなあどうやるのかなあ」という人は別の短歌入門の本から入った方がいいように思います。投稿者の年齢層は十代から四十代くらいなので、若い方が同年代の人の現代短歌を沢山見ることが出来るのはいいかな、と思います。わたしもコア世代です。

 選者たる著者のブレない価値観として「怖い歌はいい歌」と云うのがあります。日常生活に「あれっ」と云う違和感を感じたとき、それを短歌にしてまとめたら、他人が気付かなかった「怖さ」を醸し出すことがあり、それがいい短歌である、と云うことです。それに気付くことが出来る感性を持つ人が(短歌に限らず)創作に向いているんですね。自分もそう云う感性があれば(または磨くことが出来れば)いいなあ、と思います。で、もう一つ重要なのが臨場感です。読み手に「あるある、こう云うこと」と思わせる情景を切り出しながら、そのありふれた描写を「この視点で攻めるか」「そう表現して来たか」と意外性を持った結句で締めた短歌の評価が高いです。食事中の風景を詠んだ歌と思っていたら結びに妙な言葉が入っていたりとか、急にマクロな視点・ミクロな視点に移ったりとか、自分を意外なものに喩えてみたりとか……。要はセンスです、センス。うう、一番わたしに無いものだ。

 あとは、繰り返しの言葉や音など、読んだ時のリズムも大切です。小説でもそうですが、言葉を尽くして長く書くことも労力が掛かりますが、短く適切な言葉でものごとを表現して感動を与えると云うことは非常に難しいことだと、短歌関連の本を読んでいると何度となく思います。日本語の総合芸術だなあ、うん。
| 国内は行(その他) | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
「短歌ください」穂村弘
●本日の読書
・「短歌ください」穂村弘/角川文庫


 雑誌「ダ・ヴィンチ」にて連載されていた短歌の読者投稿ページを 30 回分まとめた一冊。続刊の「短歌ください2」も出ていますね。自分も短歌作りたいわ、コツが知りたいわ、って人向けには枡野浩一「かんたん短歌の作り方」の方が直接的にタメになると思いますが、ちょっと妙な感じのする色んなパターンの短歌を読みたいわ、って向きにはこちらがお勧め。「かんたん短歌」は駄目出しが具体的かつキツめで、人の心に更にフックする歌にするにはどう変えれば良いかを多く解説しているのに対し、「短歌ください」は穂村さんが選んだ短歌が読み手にどう云う感情を起こすかを歌の中の言葉を引いて解説してある感じです。枡野さんは五七五七七の三十一音に厳しく、穂村さんは字余り字足らずにちょっと寛容で掲載前に多少修正も入れています。これ以上は好みなのですが、個人的には枡野さんの解説の方がビシバシしてて好きですね。著者の投稿短歌へのスタンスの違いだと思います。以降は完全に推測ですが「短歌ください」はダ・ヴィンチ連載で「かんたん短歌の作り方」はキューティ・コミック連載。恐らく前者の方が部数が出ていると思います。だもんで「短歌ください」で穂村さんが枡野さん調の厳しさで駄目出ししちゃうと、書かれた方は盛大に凹んじゃうかも知れないから、いいところを取り上げて評価してるんじゃないかなあと勘繰ってみたりしています。……いや、やっぱ単に評者の性格かな。

 穂村さんは何度となく「怖い歌はいい歌です」と書いています。どう云うことかと云うと、歌を見た人がちょっと歪んだ日常を感じたり足元がぐらつくような不安を感じるような言葉の選び方、日常の切り取り方が出来る人の感性が素敵だと云うことです。多くの人が普通にこなしている日常のあれこれの動作・出来事にチューニングが合わない人の作る短歌こそがそう云う怖さや意外性を生み出すことが多い、逆に言えば普通のことを普通じゃない目で見る人が短歌に向いている(とそこまで決め付けた書き方はしてありませんが)と考えておられるようです。まあ短歌に限った話でもなく、創作や芸術全般について言えることでしょうけれどね。

 俵万智さんの解説によると、投稿者の中にはその後短歌の歌壇で活躍する人の名前もちらほら見られる(どの投稿者かは明らかにされていませんが)とのことで、やはり才能は地に埋もれることがないのだなあと思わされましたが、やっぱりわたしに短歌作るのは無理。でも憧れはあるなあ。著者の歌論集である「短歌の友人」(河出文庫)もいずれ読もうっと。
| 国内は行(その他) | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
「絶叫委員会」穂村弘
評価:
穂村 弘
筑摩書房
コメント:思い出し笑いの宝庫

●本日の読書
・「絶叫委員会」穂村弘/ちくま文庫


 穂村弘、歌人。「手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)」の発刊時から面白いと評判だったのですが、数ページ読んで「ちょっと合わないかも」と思ってそれ以来手に取らないでおりました。今回この「絶叫委員会」をくすみ書房さんより年間会員向けお勧め本として頂きまして読んだ次第です。

 面白い。

 めっちゃ面白いよこの人の視点。ちくま書房の機関誌「ちくま」で連載されていたエッセイをまとめたものですが、何度も声に出して笑いました。普段わたしの笑いの沸点は高く、よほどの爆発力がないと笑わないんですが、笑いました。本人曰く「偶然性による結果的ポエム」を集めたものとのことですが、気負わない意図しない言葉のなんて面白いことか。普通の人がスルーする言葉を拾って集めて溜めた結果がこの本。

 スピーチの冒頭で「出だしの魔」に捕まって、一番肝心な言葉を言い間違える校長の話。現場力が備わっている経験者の驚くべき対応方法、友人たちの過去の名言集。回転寿司屋で「ウニって本当は宇宙人だったらこわいね」「わざわざ遠くから来てるのにお寿司にされてかわいそう」と話すカップル。数々の「そうくるか!」と云う穂村コレクションを思い出すだけで笑えてきます。個人的に一番ツボに入ったネタは、名前の読み方が分からないお坊さんがお経の途中でどうするか、を書いた箇所。ぐふふふふ(思い出し笑い)。

 その他穂村作品にも一挙に興味が沸きました。本来のメイン戦闘場である短歌を鑑賞すべきだとは思うのですが、もっとエッセイを読みたいですね。
| 国内は行(その他) | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
「仕事が速い人のすごい習慣〜」
●本日の読書
・「仕事が速い人のすごい習慣&仕事術」浜口直太/PHP 文庫

 またビジネス書読んじまったー。

 文学作品至上主義のわたくしとしましては、小説>学問の本(ブルーバックス等)>ノンフィクション>>>ビジネス書、なので、誰が買ったかうちに転がってなきゃ読んでなかった一冊。要点をまとめると以下です。

・具体的な目標を持つ
・その目標への達成度を常に意識する
・朝に強くなる
・朝一番に仕事の優先順位を決める
・思い付いたことをいつでもメモする為、メモ帳か携帯電話を活用する
・頭を使う仕事は午前中に済ませる
・講義や勉強会に積極的に出る

 なるほど。心掛けるようにします(特にそれ以上の感想がない)。
| 国内は行(その他) | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
「静かな木」藤沢周平
評価:
藤沢 周平
新潮社
コメント:最晩年の短編三つを収めた味わい深い作品集。

●本日の読書
・「静かな木」藤沢周平/新潮文庫

 あけましておめでとうございます、本年もよろしくお願いいたします。

 実家に転がっていたので読みました(去年)。初の藤沢周平作品……じゃなかった。「用心棒日月抄」を高校だったか大学だったかの時代に読んでいたな。NHK 金曜ドラマ「腕におぼえあり」(主演:村上弘明)合わせだったので多分高校生かな。二冊目の藤沢作品です。最晩年の短編三つを納めた文庫です。

 藤沢周平の小説について私が何をか言わんやと云う気はするのですが、当然のように巧いですな。「用心棒日月抄」はエンターテイメント性の強いものでしたが、この「静かな木」は余韻や行間を楽しむ、味わい深い作品でした。表題作が秀逸です。解説にもありましたが、十分長編になり得るテーマを必要最低限の事柄のみを綴ることで美しく絞った短編にまとめており、こう云うのが「巧み」と云う事なのだろうなあと味わい深く読みました。いいなあ、もっとこう云う良い本をたくさん読みたいなあ。

| 国内は行(その他) | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
「猫の客」平出隆

●本日の読書
・「猫の客」平出隆/河出文庫

 あなたたち、そんなにその猫が好きですか。

 と思わず問いたくなるような小説と言うより随筆です。文章は流麗で、翻訳版がフランスで三万部売れたのも納得です(その割に日本での知名度はさほど高くないようですが)。かく言う私も文庫の表紙買いでしたけれど、外すことを予想して読み進めるうちに、その雰囲気のある文章に自然と馴染んで「いい買い物だったな」と思いました。

 その不自然な道の折れ曲がり方から「稲妻小路」と名付けられた郊外界隈に住む著者夫婦の借家に、ある日を境に子猫が訪れるようになります。チビと名付けられたその猫は隣家の飼い猫でありながら著者の家に出入りし、かなり長い時間を過ごしています。その小さき獣との交流、別れがひたすら淡々と綴られる話です。それだけと言って仕舞えばそれだけなのですが、随所に挟まれる日本家屋の描写、大家のおばあさんとの交流、季節の移ろいが話に潤いを与えています。何だろうこの感覚、水墨画をずっと眺めているような印象です。

 堀江敏幸の文章世界に近いです(好みで言えば、やはり堀江さんですが)。

 淡々としていると云うことは裏を返せば起伏がなく退屈に感じる人もいるだろうと云うことですが、割と好きです、この落ち着いた文章。著者の住まいの描写が細かいので、ゆっくり読むと円ぐぁからの風も感じられるかと思います。ただ、読み手の私に伝統的な日本家屋の作りの知識が不足しているので、所々用語が分からなかったりしたのが残念です。もっと堪能出来る話の筈なのに。

 また別の作品が出たら読んでみたいです。

| 国内は行(その他) | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
「デザインを科学する」ポーポー・ポロダクション
評価:
ポーポー・ポロダクション
ソフトバンククリエイティブ
¥ 1,000
コメント:デザインに隠された法則に迫る

●本日の読書
・「デザインを科学する」ポーポー・ポロダクション/サイエンス・アイ新書


 会社の上司よりお借りしました。全ページカラー刷りで豪華な一冊。見開き二ページで一項目の解説になっており、サルのイラストで要約してあるので、デザインの初歩の初歩入門書、と云う感じで読み易かったです。私は商品設計者ですので商品の形状をあれこれこねくり回すのが仕事なのですが、この本は色合いについて多くのページを割いており、ダイレクトに仕事に役立つかと云うと少し横っちょの方の話でした。勉強にはなりましたけどね。

 第三章「イメージの根拠を探る」で、アンケートによる言語イメージの視覚化が紹介されており、その調査の大変さが想像出来るので個人的には最も印象に残りました。「派手な」とか「若々しい」とか「お洒落な」と云った言葉に適する図柄を選んでもらい、それを集計して傾向を探ると云うのは、好みは千差万別である以上非常に困難な調査だと思います。大掴みではありますが、この結果の紹介が一番面白かったです。

 あと、デザインの好みを人間の脳と絡めて述べているところもなかなか。女性は赤を好む傾向にあるのが、単に後天的に慣らされてきたからではなく、一部の女性は赤を見分ける錐体を二種類持っていて、多くの人と全男性が「赤錐体」「青錐体」「緑錐体」の三色型色覚であるのに対し「朱錐体」を持つ四色型色覚であることが分かったと云うくだりが初耳でした。へえ。

| 国内は行(その他) | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
「書きあぐねている人の為の小説入門」保坂和志
評価:
保坂 和志
中央公論新社
¥ 700
コメント:日常を描いた作品を生み出す著者による、新しい小説論

●本日の読書
・「書きあぐねている人のための小説入門」保坂和志/中公文庫


 別に書きあぐねている訳ではないですが。文章読本や小説論が好きなのです。

 著作も読んでいないのにいきなり小説論から入りました保坂和志。しかも申し訳ないことに負の先入観を持って読み始めましたから自然辛口になりますごめんなさい。どうして読んだこともない作家を負のイメージで見るかと云うと、我らが車谷長吉先生が「漂流物」で芥川賞にノミネートされ、「内容が暗い」と云う世相を鑑みた不当な理由で落とされた時の受賞作が著者の「この人の閾」だったため、車谷氏が別の著作で保坂和志のことを結構ぼろくそに書いていたからです。まあそれ自体は長吉っつあんの八つ当たりだと思うんですけどね。

 で、実際著者の文章を読んでみた感想ですが、やはり私には合いませんでした。なんつーか、うーん、全体的にすかしている感じの文で、なんかこう、さりげなくお洒落でそれを自負しているんだけれど「見る人が見れば分かるんだけど、そんな目利きは僕の周りにはいないよなあ」と嘆いている中年男性と会話した時のような、自分との噛み合わなさを感じます。

 小説論自体は、確かに今まで私が読んできた、技術的な向上を目指したものとは異なっていて、そこは素直に評価出来ます。具体的には、小説を書くことで著者は一作ずつ力量を上げて行くべきで、そのために自分に実現したい困難を課して考えて考えて完成させねばならないとか、ストーリーの面白さで走る小説を否定することとか(でも筋書きの面白さは読者を牽引する力になると思うんだがなあ)、物語は回想を入れないで時系列で展開させていくべきとか、今まで「小説そうあるべき」と思っていたことが尽く却下されていくのは面白かったです。

 しかしやはり、自分と村上春樹やドストエフスキーやトルストイを並列に並べて論を展開していくのは、読んでいてどうも居心地が悪かったです。あと著作を読んだことが無いので、文庫版に収録された過去の小説の創作ノートも分からない部分が多くて、でも逆に言えばファンなら買いの一冊です。

| 国内は行(その他) | 10:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
「お厚いのがお好き?」

評価:
---
扶桑社
¥ 1,680
コメント:タイトルだけは知られている本の粗筋をダイジェストで紹介する人気番組を書籍化
●本日の読書
・「お厚いのがお好き?」フジテレビ出版/扶桑社 ISBN:4-594-04202-3


 深夜番組らしいですな。見たことはなかったのですが、帯を見て面白そうだったので、お盆の帰省の時に義弟から借りてきました。名前は有名だが殆どの人が読んだ事のない本を俎上に上げ、身近なものに例えてダイジェストで紹介する番組だそうです。読んでいたら大体の番組ビジュアルが想像出来ました。

 うん、分かりやすかったです。また、取り上げられている本に興味も沸きました。サルトル、ニーチェ、モンテスキュー、福沢諭吉、アダム・スミス、プルースト……皆聞いたことのある名前ばかり、でも読んだ事はないでしょ。個人的には哲学書よりも小説の方が好きなので、「失われた時を求めて」「城」の二篇が良かったです。

 ただこの本はあくまで本を読むきっかけを作るだけの本なので、鵜呑みにしてはいけないと思います。というのは、取り上げられた二十冊の中で唯一読んでいた「三国志演義」の回を読んで思ったのですが、確かにストーリーダイジェストは正しいのですが、要点の余りに一部のみを取り上げている点で、鵜呑みにする事の危うさを感じました。

 と少し苦言を呈しはしますが、総じては面白かったです。有名な書籍の紹介に、こう云う切り口もあるのだなあと思いました。でかしたフジテレビ。ちょっと調べたら続編も出ているようですが、紹介されている本のラインナップによっては読んでみたいなあ。
| 国内は行(その他) | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
「国家の品格」藤原正彦
●本日の読書
・「国家の品格」藤原正彦/新潮新書 ISBN:4-10-610141-6


 好きですね、この考え方。そもそも挨拶から始まって敬語も話せない年下が増えている事に業腹だったので、先ずは国語教育の充実を、と云う考え方には大いに賛成です。そもそも小学校で英語の授業なんて必要ないと常々思っています。理由は同書の意見とも共通ですが、如何に英語を話せても、外国人が日本人から聞きたい事は日本固有の文化についてである事が多く、明治から現代に続く文豪の著作に触れていない人は、自国の文化を語るどころか俎上に上げられている作品を一読すらしていないという恥ずかしい状態になる可能性すらあると思われるからです。

 英語は道具です。これは前からそう思っています。中学校から英語の勉強を始めても、真面目にやればセンター試験九割、TOEIC で 700 点弱は取れます、旦那や自分の例ですが。

 で、話が逸れた、日本は美しい文学と美しい自然環境があり、その恵まれた環境があるのに無駄に欧米化を目指す、経済主体の考え方で進もうとするのは間違っていると云うのが同書の主旨です。講演を加筆、訂正した文章はするすると読めます。語りを新書にすると云うのは前年のベストセラー「バカの壁」と同じ作りですが、添削が入っていて要旨が分かりやすくまとまっています。

 以降は自分の考えですが、日本語や日本の文学は、過去の中国からの漢字の輸入、それを踏まえたかな文字の発明(万葉かな等については余り詳しくないですが)、へりくだる美学から生まれた尊敬語や謙譲語、明治時代の文語体から言文一致体への移行と、色々な要素が相混じって構成されています。他国にはない特殊な言語です。日本人はこれをもっと誇っていい、もっと勉強するべきだ、と思います。そう云った考えを持っている自分からすると、良くぞ言ってくれた、そして良くぞ売れてくれた、と思って止みません。

 藤原氏の日本語に関する考えを読むなら、この本がダイジェスト版、更に面白いのは安野光雅氏との共著、「世にも美しい日本語入門」(ちくまプリマー新書)です。「国家の品格」を読むなら「世にも〜」を読んだ方が絶対に良いです。
| 国内は行(その他) | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
 1/2 >>