書評・三八堂

のんびり不定期に読んだ本の感想を書いていきます

「見知らぬ場所」ジュンパ・ラヒリ
評価:
ジュンパ ラヒリ
新潮社
¥ 2,415
コメント:連作短編を含む、七つの短編を納めた珠玉の一冊

●本日の読書
・「見知らぬ場所」ジュンパ・ラヒリ/新潮クレスト・ブックス


 良かった。とても良かった。アリス・マンローよりもジュンパ・ラヒリの方が好きだなあ。

 七つの短篇、うち三篇は連作短編「ヘーマとカウシク」を納めた一冊です。九年前の短篇集「停電の夜に」とはまた違った趣で良かったです。何が良いのだろうと考えてみましたが、登場人物の心の動きとその描写の、さらっとしていながら丁寧な所だと思います。しっとりと寄り添うような、かといってべったりしすぎていない突き放した感じもあって。うーん、これはその文章に肌が合うか合わないかの問題だと云う気がします。

 著者がインド出身アメリカ在住と云う事があり、主人公のほぼ全員が何らかの形でインドに繋がりを持っています。ですので最初は「またインドかー」と思う事も無きにしも非ずなのですが、「停電の夜に」がインド第一世代のアメリカ生活のあれこれを書いたものが多かったのに対し、この「見知らぬ場所」はインド第二世代、つまり両親世代がアメリカに移住して来て、自分自身はアメリカで生まれ育った人々の物語が多いことに気付かされます。

 好みで言えば表題作の「見知らぬ場所」が最も美しく気持ちの良い話でしたが、連作短編の「ヘーマとカウシク」のもの寂しい突き放したような結末も嫌いではありません。心に残る一冊です。

| 海外(ジュンパ・ラヒリ) | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:34 | - | - |









http://38-do.jugem.jp/trackback/395