書評・三八堂

のんびり不定期に読んだ本の感想を書いていきます

「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」ジェーン・スー
評価:
ジェーン・スー
幻冬舎
コメント:おもろい。アラフォー女子必読。

●本日の読書
・「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」ジェーン・スー/幻冬舎


 いっやこの人めっちゃ筆が立つわ。上手いこと書くわ。女性が女子と云う側面を抱えつつ加齢して女子の枠からはみ出ていく様を余すところなく描き切っており、読んでいて滅茶苦茶面白いし当たりすぎてて膝を打つ。まずタイトルがいかす。「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」。あなたもあたしもそう言いたくなることあったでしょ過去に何度かさあ。四十代向けの女性雑誌が創刊されてその表紙に「いつまでも女子」って大書されたキャッチコピー見た時に「貴様いつまで女子でいるつもりだ」、と。

 著者はれっきとした 41 歳の日本人女性で、作詞家、ラジオパーソナリティー、コラムニスト。本書はブログの記事に加筆修正したものと書き下ろしで構成されています。工学部出身で自分の女性性と過去何度となく衝突したり和解したりを繰り返して生きてきたわたしにとって彼女の書くことが的を射すぎていて頼もしいです。言い回しが面白くて何度も蛍光ペンで線引こうかと思って仕舞いました、妹から借りた本だからやんなかったけど。曰く「(自分の容姿をして)片桐はいり村、一番の美人」とか「(突然の恋を待ちわびる状態を指して)あのドラマが終わって二十年以上経っても、まだ性懲りもなくチュクチュン♪ と「ラブ・ストーリーは突然に」のイントロを脳内で鳴らし続けている。」とか「(笑顔が不自然な自分の写真に)少し快活な地蔵といったレベルです。」……あああ、こうして抜き書きしていても分かって貰える気がしない。

 著者の身の回りのことから話をアラフォー女性のあるあるに敷衍していく展開は見事ですが、あくまで個人的なことから出発するエッセイなので、ジェンダー論として社会一般をばっさばっさ斬る論調ではありません。そう云うのは上野千鶴子先生にやって頂きましょう。ジェーン・スーには身の回りのやるせない、うまくいかない、トホホ(死語)なことを分かりやすく面白い言葉で解説して頂きます。

 特に好きなのを二つ。キリンジへの思い入れと堀込泰行脱退について書かれた「来るべき旅立ちを前に」。一方的に振られた大失恋から立ち直る際にキリンジの曲を貪り聞き歌詞を読み込み関連メディアをくまなくチェックしてどうにか生きていた著者はキリンジに「借りがある」と書き、恋人が別れを切り出すこととキリンジから弟が抜けることをクロスオーバーさせて「告げられる方は唐突だけど、告げる方は着々といろいろ進めてんだよな。」と看破する。

 もう一つは女性が企業内で上手くやっていく著者なりの悟りを書いた「とあるゲームの攻略法」。会社の男性の勤務スタンスには色々あり、やる気十分で男性並みに奮闘する著者がどうしても理解出来ない「役立たず男性社員」を理解しようと努めた末に悟った真理について。働くことを「ゲームに参加する」と捉えると、結婚や出産でのゲーム離脱が容認される女性に対し、男性はゲームから離脱する(会社を辞める)ことが社会的に落第の刻印を押されることと直結しているため、野心や目標がなくてもゲームに居座り続けることが重要であると考えたもの。色んな男性社員への振る舞いパターンなど書かれていて面白いです。

 前作「私たちがプロポーズされないのには、101 の理由があってだな」も読みたい。←後日追記。読んだのでリンク貼りました。

JUGEMテーマ:小説全般
| 国内さ行(その他) | 01:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:14 | - | - |
読まれましたか!面白いですよねこれ。この歯切れの良さと、上手いこと言ったなー感に押されてぐいぐい読みました。「ブスとババアの有用性」とか「とあるゲームの攻略法」とかドスンときましたし、「限界集落から始めよう」に自分の未来を結構真剣に重ねてみたり、と。
私はこの本のタイトルを見ると「and GIRL」というファッション誌の「アラサーになっても、仕事ができても、結婚してもガールな(略」というコピーや、「mama gial」という雑誌の同様のコピーを思い出してしまいます…
| はるひなた | 2015/01/16 12:11 AM |
読まれましたか! 読まれましたか! わたしは妹から借りて読んだので、その内彼女も読むと思うのですが、本当に的を射た表現だらけでぐさぐさ来ますしうんうん頷きますよね! 良く言ったジェーン、と本当にもう。

「とあるゲームの攻略法」はすごく身につまされるので、仕事している時も時おり思い出します。何よりタイトルが秀逸すぎてたまらんです。そろそろ「女子」ブームを終焉に導かねばならない使命感に駆られます。
| summer | 2015/02/08 11:55 PM |









http://38-do.jugem.jp/trackback/638