書評・三八堂

のんびり不定期に読んだ本の感想を書いていきます

「ビブリア古書堂の事件手帖6」三上延
●本日の読書
・「ビブリア古書堂の事件手帖6 〜栞子さんと巡るさだめ〜」三上延/メディアワークス文庫


 今回は一冊丸ごと太宰です。一巻で大学卒業後定職に就いていなかった五浦君がビブリア古書堂で働き始めるきっかけとなったのは夏目漱石全集の「それから」がきっかけですが、その事件をビブリア古書堂の美しき女店主・栞子さんが解いた際に五浦君の出生にまつわるある疑惑がほのめかされます。今巻はその謎と、一巻で起こった事件の続編が描かれるので一巻は必須で読んでおいて下さい。まあ六巻まで来たら既刊読まずに手に取る人はいないと思うんですが。

 前巻で栞子さんと五浦君のなかなか進まない関係に一応の進展が見られた訳ですが、太宰の本にまつわる大きな発見と稀構本を巡る攻防の合間にゆっくり進展するラブストーリーが差し挟まれて、いやあほっこりしますね、幸せになって欲しいですね。……いつになく善人面したコメントですが、この小説のキャラたちには幸せになって頂きたいので何となく。五浦君が若い割にがっついてない性格なので好感度高いんですね。
 
 太宰の稀構本については、作品中に登場するものが実在するのかどうか分からないのですが、それが本当にあるのなら持ち主に危害を与えてでも入手したいと云う熱烈なファンが五人はいそうなくらい、貴重で魅力的で少し恐ろしい存在の本が登場します。その貴重な本をめぐるミステリの序章として、誰もが教科書で読んだ「走れメロス」の底本にまつわる意外な話や、古書の価格を左右する「アンカット」などの雑学も得られます。表紙の絵でライトノベルと思う勿れ、満足度偏差値高くて楽しめますですよ。今回の犯人も分からなかったです(真面目に当てようとしてないけど)。

 物語は終局を見据えて、あともう一、二冊とのこと。少し寂しいですね。
 
JUGEMテーマ:小説全般
| 国内ま行(三上 延) | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:15 | - | - |









http://38-do.jugem.jp/trackback/640