書評・三八堂

のんびり不定期に読んだ本の感想を書いていきます

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか」てぃ先生
評価:
てぃ先生
ベストセラーズ
コメント:かわいい。子どもも、先生も。

●本日の読書
・「ほぉ…、ここが ちきゅうの ほいくえんか」てぃ先生/KKベストセラーズ


 かわいい。子どもも、先生も。保育園の若い男性保育士てぃ先生の、時に笑いを誘い、時に心温まるツイートの数々は本を読む前からいくつか目にしていたのですが、この度書籍にまとまったと云うことで改めて通して読んでみました。いやあ、子どもは可愛いねえ。そして独身であることを園児にもからかわれて苦笑しているてぃ先生も可愛い。保育にまじめに取り組み、そして子供のことが大好きな先生なんだろうなあと思います。自分が子どもをしょっちゅう怒鳴りつけていることを鑑みて反省。

 本の構成は各子ども毎に章分けしてあり、扉でその子どもの特徴や傾向を紹介し、彼や彼女の日常の出来事を対話形式で書いてあります。わたしはツイートの方を先に見てその書き方が面白いと思っていたので、このような対話形式に直してあるのがすこーしだけ残念でした。でも面白いことに変わりはないんですけどね。

元ツイート
散歩先の公園で遊んでいたら、ベンチに座っていたおばあさんが「カッコいい先生ねぇ」と話しかけてくれて、内心「(えへへ)」なんて照れていたんですけど、それを聞いていた女の子(5歳)が「でも かのじょ いないんです」とすかさず入ってきたので、本当よくできた子だなって悲しくなりました。

書籍収録
 公園で遊んでいると、知らないおばあさんに先生が話しかけられました。
おばあさん「カッコいい先生ねぇ」
先生(照れながら)「いやいや、そんなことは……」
うめ「でも かのじょ いないんです」
 すかさず会話に入り込んでくる出来の良さに、「さすが」と感心するとともに、「余計なお世話!」とツッコみたくなりました。

 なんとなくツイートの方が文字数制限あることもあり、ドライブ感がある気がします。

 章の合間合間にちょっとした育児アドバイスも入っていて、楽しめる一冊でした。子ども可愛いなあ。そしててぃ先生に良縁がありますように!
| 国内た行(その他) | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:46 | - | - |









http://38-do.jugem.jp/trackback/643