書評・三八堂

のんびり不定期に読んだ本の感想を書いていきます

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「犬婿入り」多和田葉子
評価:
多和田 葉子
講談社
コメント:エロい。劇画っぽいグロすれすれ故のエロさ。

●本日の読書
・「犬婿入り」多和田葉子/講談社


 表題作で著者は第 108 回芥川賞を受賞しております。1993 年受賞? 22 年前? もうそんなに前か。割と最近受賞したと思っておりました。当時、報道を見て「芥川? 作家キャリアがこんなに長い人に? 直木じゃなくて?」と思ったのを覚えております。本作は中篇「ペルソナ」と「犬婿入り」の二本が収録されていて、「ペルソナ」は芥川賞にノミネートされながらも受賞を逃しております。「犬婿入り」の選評を読むと「『ペルソナ』の方が良かった」と云う意見が散見され、そんなら「ペルソナ」に授賞しろよと思いますね。まあ他の作品との絡みもありますが。

 それはさておき。

 著者の小説を分類するとしたらわたしは幻想文学の箱に入れます。「ペルソナ」は日常の話を描いているんだけれど、何かこの世の話でないような、生々しい明け方の夢のような妙な雰囲気の話です。日常を描きながらどことなく幻想的な印象の小説と言えば小川洋子が有名ですが、あの静謐で清潔な世界観とはまた異なった、奇妙にねじれた感じが魅力です。「ペルソナ」は弟と一緒にドイツへ留学している姉を主人公として展開される話ですが、登場人物が文中に現れて少し語られると、いつの間にかその場面に出て来る別の人物の話にすり替わっており、そう言うのが延々繋がっている話です。主人公の日常に新たな登場人物が現れては気付かれぬうちに去り、現れては去り、で、なんか朦朧としている内に話は終局を迎えます。ってこんなこと書いているとこの話の魅力が全然伝わらない。主人公の道子は感情の起伏があまりなく、自分の周りのドイツ人や韓国人、日本人をとても遠いところから自分と相いれない不思議な存在と見ているような表現で描かれます。物語中の道子は特にそうも思っていないかも知れませんが、読者は道子が浮世離れしているように感じます。別に大きな事件は起こりませんが、この雰囲気は好きです。

 対して「犬婿入り」は更に変な話です。超常現象的色合いが濃い。「民話や伝承の異種結婚譚と言えば『つる女房』が有名だけど、『犬婿入り』って話もあるのよ」と小学生の生徒に奇妙な話を吹き込む個人塾講師、みつこが主人公です。団地内で妙な信頼感を持って存在するキタムラ塾。講師の北村みつこは得体の知れない中年女で、勉強もちゃんと教えてるんだか教えていないんだか分からないけれど小学生たちがそこに通いたがるのは、先に描いたような変な話をみつこが時おり話すから。「犬婿入り」の話はと言えば、ずぼらな召使がお姫様が用を足した後の世話をさぼりたくて「お姫様のお尻を舐めて綺麗にしてあげたら、いつかお姫様と結婚出来るよ」と犬に吹き込んで世話をさせていたと云うエログロな始まり方をします。長い話の顛末は子どもによって変わり、ある子は犬と姫が結婚すると言うし、ある子は犬は撃ち殺されたと言う。この伝承の雰囲気がそのまま「犬婿入り」の話全編を貫いています。てゆうか親としてはこんな先生嫌だけど、子どもは怖いもの見たさと言うか、蓮っ葉な大人の魅力にはまるだろうなあと思います。

 そんなみつこのところにある日突然さわやかな男が転がり込んで来ます。でもよくあるラブストーリーでは全然なくて、男はみつこの身体のにおいに異常に執着し、昼は寝ていて夕方にみつことまぐわい夜は外出する生活をします。みつこに挿入した後すぐに抜いてもやしを炒めたりします。みつこの肛門をぺろぺろ舐めます。変。

「犬婿入り」の話が読者の脳裏をよぎります。

 カタルシスとか分かりやすさを求めてこの著者の話を読んでも報われないけれど、わたしはこの「変なのに確固とした」著者の世界が好きです。話の好みでいえば「文字移植」の方が好きですが、文字移植の方が訳わかんないので、少し興味がある人だったら「犬婿入り」の方がいい、かも(読む人を選ぶので勧めにくい)。

JUGEMテーマ:小説全般
| 国内た行(その他) | 01:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:19 | - | - |









http://38-do.jugem.jp/trackback/656