書評・三八堂

のんびり不定期に読んだ本の感想を書いていきます

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「その女アレックス」ピエール・ルメートル
評価:
ピエール ルメートル
文藝春秋
コメント:筋立てとか転換とかはいいんだけどいかんせんエグい

●本日の読書
・「その女アレックス」ピエール・ルメートル 作 橘明美 訳/文春文庫


 エグいよ。

 史上初の六冠達成と云うことで、知ってるのも知らないのも色々ありますが、以下の賞を受賞しているこの作品。「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト 10」「ミステリが読みたい!」「IN POCKET 文庫翻訳ミステリーベスト 10」「イギリス推理作家協会賞(仏)」「リーブル・ド・ポッシュ読者賞(仏)」……錚々たる賞ですなあ。読んだ感じではミステリーと云うよりサスペンスでしたけれど。

 冒頭、若くて美人な女性アレックスが誰とも知れない怪力の男に殴られ誘拐、監禁されます。男はアレックスを全裸にして、体を動かすことの出来ない狭いキューブ型の木枠の檻に閉じ込めて天井から吊り下げます。男は彼女をどうする気なのか、果たして生きて逃げ出すことが出来るのか、極限状態の描写と共に読者の緊張感は高まります。文庫の帯には「101 ページ以降の展開は、誰にも話さないでください。」とありますが、ある程度ミステリを読んでるわたしの感覚では、101 ページ以降ではなく、第三部 337 ページ以降の展開の方が意外なので、101 ページとか早すぎ。

 誘拐されたアレックスを探すために尽力するパリ警察の三人の刑事はキャラクターが立っていていいです。極端な小柄で過去の辛い体験により第一線から退いている中年刑事カミーユ。その元部下の超金持ちイケメンスタイリッシュでエレガントな刑事のルイ。同じく元部下でコツコツ作業には定評があるが超絶ケチで友達にしたくないアルマン。上司のル・グェンも頼りになるんですが、刑事たちの人間味を描く感じじゃなくて、キャラクター小説的に強調してあります。だから事件の展開とはあまり関係のない刑事の個人語りや昔の体験などもふんだんに出て来るので、多少間延びした感じに受け取られることはあるかもです。てゆうかルイ格好いいよルイ。

 話の意外性に関しては、確かに帯に煽り文句通り意外な転がり方をするので「おおー」と思うのですが、いかんせんエグいです。描写がエグいです。登場人物がそのような残虐な行為に走るには理由があるんですけど、肉体的、精神的に痛そうな描写が苦手なわたしにとっては読み進めるのが結構苦痛でした。

 結末は賛否両論あるようですな。わたしはアリだと思うのですが上手にやらないとまずい決断ですし、そこで振りかざす「正義」は果たして正義なのかは疑問が残りますね(読んだ人にしか分からない書き方)。

JUGEMテーマ:小説全般
 
| 海外(その他) | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:51 | - | - |









http://38-do.jugem.jp/trackback/659