書評・三八堂

のんびり不定期に読んだ本の感想を書いていきます

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「水声」川上弘美
評価:
川上 弘美
文藝春秋
コメント:姉と弟がたどり着いた、家族の形

●本日の読書
・「水声」川上弘美/文春文庫

 

 ううううーん。分からなくもないけれどちょっと腑に落ちない感じの設定のお話でした。

 世間的に見て変わっている、だが魅力的な母から生まれた姉(都)と弟(陵)のお話。彼らは成長するに従って、自分たちの父と母の関係はどうも普通の家庭と違うようだと気付いていくし、そしてそれは事実変わっているし、彼らの人生にも大きな影響を与えます。

 ほら女性なら今までで一人くらいは知り合いにいたでしょう、別に美人でも可愛くもないのにやたら男受けのいい女性。本人は意識せず周りの男性を振り回し、別に男性側は迷惑とも思わないんだけれど特定の女友達しかいない、そんな女性。主人公たちの母はそんな女性です。そして彼女と一緒に暮らす父は、別に母にぞっこん(古い表現)と云う訳でもなさそうだし、何か不思議な不穏さを内包して彼らは成長します。

 物語は現代と昔を章ごとに行き来します。小学生の頃の母との思い出が語られた次には、三十五歳の主人公がイラストレーターとして生業を立てている話。都の唯一の仲良い友人、奈保子との出会いが描かれた次の章には、地下鉄サリン事件を契機に再度同居するようになった弟、陵との生活が描かれます。

 地下鉄サリン事件を契機にゆるゆると変化する姉と弟の関係も、何というか、腑に落ちない。文章の一つ一つはわたしの好きな川上さんの文章んだけど、ずっと「話の核心」が隠されて物語が進むのが気にかかりました。冒頭から何がどうなっているのかなんとなく分かる分、敢えて中心をよけて周辺を細かく描写して輪郭をくっきりさせて、でも一番大切なことはいつまで経っても現れない感じ。喩えるならモヘアのセーターの脇が少しほつれているのに気付いているんだけど、それに気付いてないかのように袖口の描写ばかり続くような。うーん分かりにくい喩えだったか。でも、ずっと柔らかく何かに包まれているんだけど首元チクチクする感じが、モヘアのセーターっぽいんだよね……。

 家族に隠された秘密は後半で一つづつつまびらかにされていくのですが、彼らの生活のかたちは、彼らにしか分からない「幸せのかたち」なのでしょう。それについてわたしみたいに「腑に落ちない」とか言うのは多分野暮なのです。

 

JUGEMテーマ:小説全般

| 国内か行(川上 弘美) | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:56 | - | - |









http://38-do.jugem.jp/trackback/698