書評・三八堂

のんびり不定期に読んだ本の感想を書いていきます

「女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。」ジェーン・スー
評価:
ジェーン・スー
文藝春秋
コメント:あなたはわたしですか(本日5回目)

●本日の読書

・「女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。」ジェーン・スー/文藝春秋

 

 旦那が一言「あなた、ジェーン・スー好きだよね」。ええ好きです、大好きです。ジェーン・スーは冴えない中年女全員の、無条件で絶対的な味方です!

 って北陸の冴えない中年女に同一視されても迷惑でしょうけど、だって年の頃も近いし自意識の過剰さとか、なりたい自分になれてないこととか、そのくせそうなれている女に対する「気にしてないよ」の振りしながら内心歯噛みしているところとか全部わたしだもん。わたしだって可愛いって言われたかったし、茶髪で巻き髪にしてピンクのスーツ着てOLやってみたかったし、「何も特別なことしてないよ−」とか言いながら肌を褒められたかったし、モテてみたかったさ! 無理だったけど!

 わたしは自分の取り得るべき最良の道を選んで来たので今の人生に後悔はないんですけど、別の生き方、そしてそれは女性誌でロールモデルとされるような女性としてのモテ人生とニアリーイコールな訳ですけど、そんな道があったんじゃないかとぼんやり思うんですよ。図々しいとか言わないで下さいな、多くの非モテ中年女性は一回はそゆこと考えてると思います。そしてそれを上手な表現と様々なトピックからの切り込みで余すことなく表現しているのがジェーン・スーです。オーガニックへの微妙な距離感とか、カラオケでの選曲とか、コーラスラインのサントラ聞いてやる気を上げるのとか、赤い口紅が似合わないこととか。ああああなたはわたしですね。あ、でもわたしはまだスタバのストロベリーモカなんとかフラペチーノとかはまだキツくない、食べきれる。途中で飽きるけど。

 後書きに相当する「結びに代えて」から一部引用します。

「世間の都合で勝手に定義された女の形に反発しながら、私はその形にぴったり嵌まる自分をどこかで夢見ています。年を重ねることを受容しながら、私は指の間からこぼれ落ちる若さをやや感傷的に眺めています。(中略)

要は、世間の「女」としての基準をクリアした上で、「人」として他社と差別化を図りたいと願っている。」

そうなんです、結局そこ。自分が主人公の物語で、よりよく生きたいだけだけど、どうせなら他人からの評価も受けたい。自分の人生を自己評価だけでなくて周りから褒められることでしか肯定出来ないとい云う構図をきちんと見せてくれる。辛い、辛いけど、その通り過ぎる。

 てことでわたしは今後も新刊が出たら読んで、自分の醜い自意識を、ジェーン・スーの本で言語化して貰い、勝手な共感を感じてつかの間の自己肯定を行うのでございます。

 

JUGEMテーマ:ビジネス書

| 国内さ行(その他) | 16:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:31 | - | - |









http://38-do.jugem.jp/trackback/701